宅配給食(高齢者食・治療食)・幼稚園給食・施設給食 旭川市・東川町・当麻町高齢者配食サービス事業受託

TOP >配食サービスについて

工場の特徴

全道発送対応について

今月の献立・フレアだより

利用方法

FAQ

お問い合わせ

会社案内


 

工場の特徴
 

フレアサービスの安心・安全な食材を提供する製造システム

 

厳格なクリーンシステム
衛生管理は、お客様に安心してお食事を召し上がっていただくための最重要課題です。
工場のどこのゾーンに誰が入ったのか、そして1日のうち、そのゾーン区分をまたいでは誰も入れないシステムを取り入れました。



     

■クックチルとは


クックチルというのは、最新の調理(保存)方法で、85℃以上で調理した食品を90分以内に、3℃以下の温度まで急速に冷却し、食品を0℃~3℃で低温保存することにより、細菌の繁殖を最低限度に抑え、安全克衛生的に提供できる調理(保存)システムの一つです。
食品の保存法には、缶詰、レトルト食品、冷凍食品などがありますが、それらは食品の味の劣化や特殊な食品添加物の問題があります。しかし、クックチルを採用することにより、添加物を使用することなく、食味が良くなるという利点があります。現在、病院食や機内食で利用されている方法です。




■HACCPとは


今までは調理後に重点的なチェックを行ない衛生管理を行なっていました。しかし従来から行なわれてきた衛生管理では、危険(異物混入・食中毒など)を充分に防ぐことは困難でした。
そこでフレアサービスでは食品の安全性をより高めるために、製造内の仕込から調理・保存までの各工程ごとに、どのような危険があるのかを事前に考え、危険の発生を未然に防止しようとするシステムです。このシステムでは、「いつ」、「どこで」、「だれが」、「何時に」、「どの基準に従ったどのような作業を行なったのか」をリアルタイムに記録し、保管しています。



成分栄養対応食について

弊社では、利用者様個々人の病状に合わせ、成分栄養対応食での治療食を提供しています。

成分栄養対応食とは、エネルギー、タンパク質、脂質、塩分をコントロールする治療食となります。

 

ページのトップへ△